シングルマザーいくらの生活

母一人、娘一人のつつましやかな生活を綴っていきます

16時間の空腹時間で健康的に痩せ&若返り

最近読んだ本を紹介したいと思います。

 

「空腹」こそ最強のクスリ

 

この本は、最初中田あっちゃんのYouTube大学で紹介されていて知りました。

あっちゃんのYouTubeを見たときは、

「16時間も何も食べないなんて無理~」

「空腹には耐えられない!」

と思って、

色々なメリットがあることは分かりましたが実践するのは無理だと諦めていました。

 

だって、普通に会社員をしている方であれば

朝6時に起きて、朝ごはんを7時に食べて、9時に出社して、

12時からお昼ご飯を食べて、18時に退社して、20時に晩ご飯を食べて、23時に寝る…

みたいな、個人の差はあれ生活リズムがあると思います。

 

フリーランスの方だったり、専業主婦の方だったり、ご飯を食べる時間をある程度自由に決められる方であれば可能かもしれないけれど、、

毎日決まった時間に出社、昼休憩がある会社員にとっては難しいのではないかと思います。

 

なので自分には無理だな~と諦めていたのですが、

最近「健康的に身体を引き締めたい」と思い、

改めて本を読んでみようと思いました。

 

この本に書かれていることは・・・

ズバリ

「16時間何も食べない空腹の時間を作る!」

「16時間の空腹時間中、我慢できなければナッツ類であればいくら食べても良し!」

「16時間の空腹時間以外には何を食べても良し!」

「16時間の空腹時間内に睡眠時間も取り入れよ!」

ということです。

 

この内容に関して、本の中身では深掘りしています。

Amazon 

 

16時間空腹の時間を作ると何が良いのかと言うと、

「オートファジー」という機能が働くようになります。

オートファジーとは、古くなった細胞を新しく生まれ変わらせる仕組みです。

オートファジーが機能することによって、以下のようなメリットがあります。

 

私は生まれてこのかたずーっと、下半身の贅肉を気にして生きてきました。

お尻大きいなー、脚太いなー、痩せたいなーという具合に。。

いわゆる下半身デブですね(´;ω;`)

加えて出産後はお腹周りなどのお肉もついて、全体的にハリがなくなりました。

書いていて悲しくなりますね。笑

 

このオートファジーという機能を使えば、脂肪が分解されて

このいらないお肉たちがそぎ落とされるかも…!?

という期待を込めて、最近16時間の空腹時間を作ることを決意しました。

ついでに病気や老化の進行を防ぐことができる、というのも魅力的!

 

ということで、私はこのようなスケジュールを組むことにしました。

5:00 起床

(6:30 朝食)←今まであったコレを抜いています。

8:20 出勤

12:00 昼食

16:40 帰宅

18:00 夕食

21:00 就寝

 

このスケジュールでいくと、

18:00に夕食を食べてから翌日の12:00までの18時間、空腹時間を作ることができます。

睡眠時間をうまく16時間の中に組み込むことによって、空腹を無理に我慢する時間を減らすことができます。

寝ている間は「お腹すいた~」ってほとんど感じないはずなので。。

 

私は朝食を抜くことにしていますが、それで仕事のパフォーマンスが落ちるといったことは、今のところありません。

もしどうしてもお腹が空いて我慢できないときは、素焼きナッツを食べています。

普通にスーパーで売っていますよ。

素焼きだから美味しくないんじゃない?って思っていたんですが、

意外と美味しく食べられます。

 

私はチョコレートが大好きで、今まで小腹が空いたときにはすかさずチョコを食べていたのですが、そのチョコもやめて、ナッツに移行しました。

もちろんたまにのご褒美的にならチョコも食べようと思っています!

 

夕食を抜ける人は夕食を抜いても良いでしょうし、

起きている時間我慢ができる人であれば昼食を抜いて、朝食~夕食の間をあけても良いと思います。

私は娘と二人で暮らしているので、仕事終わり、学校終わりに二人で団欒しながら夕食を食べたいと思い、夕食はしっかりと食べることにしています。

娘とゆっくり話ができるのは、この夕食の時とお風呂に浸かっているときくらいなので、その時間は大切にしたいです。

それに、夕食作ったのに自分は食べられない、という状況に多分耐えられないから。笑

 

もしもこのように毎日空腹の16時間を作るのが難しいという場合は、

週末だけでもリセット効果は得られるそうです。

平日は時間的に難しいけれど、休日ならできそう、という方は是非休日だけでも取り入れてみてください。

 

ただ、既に糖尿病や認知症を発症している方は、ご自身の判断でオートファジー機能を働かせると、病気の進行を助けてしまうこともあるようです。

病気の予防や老化の進行を遅らせることには効果的ですが、病気を発症している方はかかりつけの医師にご相談ください。

 

もう一つ注意点として、16時間の空腹時間を作ると筋力が低下しますので

簡単な筋トレを行うようにします。

ジムに通ったり大掛かりな筋トレは必要ありません。

家でできるような腹筋やスクワット、階段の上り下りなどをできる範囲で取り入れてみてください。

私は会社内にトレーニングマシンがあるので、お昼休みに軽くトレーニングしています。

 

ちなみにこの1日2食制を導入しているのは家庭内で私だけです。

娘は育ち盛りなので、朝昼晩きちんと食べさせています。

この本には、子供にオートファジー機能が有用かどうかが書かれていませんでしたので、勝手な判断で子供に空腹時間を作らせるのは良くないと思うからです。

 

ただ、実家の父母には16時間の空腹時間、是非勧めたいと思っています。

父も母ももう60代で、父は慢性的な高血圧症、母は過去に胃癌を患ったことがあります。

母は認知症にはなりたくない!と言っていますし、オートファジーは血管障害を改善してくれますので、父の高血圧症にも効果的です。

病気を予防、改善するためにも是非取り入れて欲しいと、娘は切に願います。

 

この16時間の空腹時間を取り入れてからまだ日が浅いです。

今後続けていくと体調や肌や体型に変化が現れると期待しています。

その時はまたここでご報告しますね!

 

一緒に空腹活動しませんか??(`・ω・´)

長文読んでいただきありがとうございました!